《Ityop'iya Federalawi Demokrasiyawi Ripeblik / Federal Democratic Republic of Ethiopia》

Mesob(伝統的な定食)
撮影場所:アジス・アベバ

エチオピアの定食3人前:10ブル前後

(手間がかかります)

穀物のテフを製粉して、水と生のインジェラ(またはイースト菌)を加えて発酵させてから、少しの水を加えて混ぜて、鉄板でさっと焼いた「インジェラ」が主食。このやや酸味があるインジェラの上に、ワット(総菜)を盛りつけるのがエチオピアの流儀。

辛み調味料は「ベレベレ」という。
唐辛子に十数種類のスパイスを加え、1ヶ月間ほど発酵させてつくりため、辛さが幾重にも層になったような、深い辛みが特徴。

必ず出る総菜は・・

アイブ(臭いチーズ)
シュロワット(挽いた豆の煮込み)
ジルジルディブス(肉野菜煮)
ミンチャットアビシ(牛挽肉のスパイス煮込み)またはイェバク・アリチャ(羊挽肉のスパイス煮込み)

メインの総菜をてきとーに頼むと、こんな感じになります。








1998年12月→1米ドル=3,770リエル
1999年11月→1米ドル=3,780リエル
2001年11月→1米ドル=3,950リエル

2004年5月のレート:

inserted by FC2 system