《Democratic People's Republic of Korea/朝鮮民主主義人民共和國/チョソン・ミンジュジュイ・インミン・コンファグッ》

飯床器料理
撮影場所:開城市、統一館

1人前

黄銅製の飯床器(パンサンギ)に、総菜を少しづつ入れて並べた見た目に豪華な小皿料理で、元々は開城の宮廷料理だそうな。

ご飯とスープ(鍋)を除く総菜は5〜11種類あり、数が多くなるほど身分が高いヒト向けだそうで。

私達は13の器があるので、総菜は11種類。外貨を提供する外国人旅行者は身分が高いのか?

客が着席すると、給仕がひとつひとつの蓋を開け、鍋の固形燃料に火を付ける。

精進料理っぽいが肉煮込みもあり。鶏卵の塩茹では北朝鮮では貴重品なので「なんで卵?」みたいな反応はダメ。

色は美しい・・が、さして旨いもんでもない。








2009年2月の実勢レート:約5,000北朝鮮ウォン(KPW)=1ユーロ


inserted by FC2 system