《Lao People's Democratic Republic / Sathalanalat Paxathipatai Paxaxon Lao》

カオチーサイ・クアン
撮影場所:ビエンチャン

(ビエンチャンにて)

ラオスはフランスパン文化圏

カンボジア〜ラオス〜ベトナムの旧宗主国はフランスだったため、未だにフランスパン=バゲットを食し、コーヒーを飲む文化が残っている。

フランスパンはそのまま食べたり、サンドイッチにしたり、フランスパンに練乳を塗っただけの《カオチーサイ・ノム》というものは、軽食として食べられる。

ラオスのサンドイッチの具材は、ハムと胡瓜だけ、が多い。マーガリンかバターを非常に薄く塗り、ソースは醤油!・・練り辛子も用意されることもある。カンボジアやベトナムは、その土地の食材を用いた具材を使い、ソースの種類も豊か。







2006年5月のレート:1米ドル=9,542Lao kip(LAK)=113.8円


inserted by FC2 system