《Serbia and Montenegro / Србиjа и Црна Гора / Srbija i Crna Gora》

コソボ警察(KPS)の警官
撮影場所:プリシュティナ、バスターミナルにて

左がコソボ警察の警官

天井(実は外階段なのだが)は、
NATO軍の空爆によって一部破壊されている

2004年5月には破壊された天井は撤去された

コソボ警察(KPS:Kosovo Police Sarvice)は、コソボ住民によって構成され、活動を開始した。アルバニア系とセルビア系に分かれており、現在の警官は約5000名。

コソボ警察は、国連コソボ暫定行政機構(UNMIK: UN Interim Administration in Kosovo)の指導の下、国連開発計画(UNDP)の「コソボ警察運営能力強化プロジェクト」にて訓練が行われている。だがコソボ警察は、訓練を実施する期間が限られていたこともあり、“民主的警察活動”は、現在も十分には機能していない。

警察はコソボ警察の他に、UNMIKが管轄する「国連文民警察」がある。治安部隊としては、コソボ平和維持部隊(KFOR)が約2万人規模で展開している(2004年3月現在)






inserted by FC2 system