《Finland》

公衆サウナ
撮影場所:首都ヘルシンキ

サウナ内部

階段状になっている部分は、ヒトが座るところ。ひとり用のスノコがあり、これを敷いて、その上に持参したタオルを敷いて座る。座る席は「L字」になっており、推定収容人数は100名ほど。まさに“ひな壇状態”。

写真中央の「炉」でサウナ室を暖める。
燃料は「薪」で、炉の下にくべる。炉の上には巨大な「石」が置いてあり、薪で熱せられる仕組み。客は、この熱せられた石に「冷水」をぶっかけて、サウナ室を曇らせる(スチームサウナになる)。

*

身体を洗ったり、休憩するところ
マッサージ(有料)も受けられるだよ

*

更衣室&ロッカー

*

サウナ屋の外観








inserted by FC2 system