《Latvija》

リーガは、13世紀にドイツ人の支配を受けて以来、急速に発展した。

19世紀後半〜20世紀初頭、ドイツ語圏(ドイツ、オーストリア)では、若き芸術家によって、ユーゲントシュティル Jugendstil =青年の様式、という意味)という、過去の様式にとらわれない芸術創作運動が興り、流行した。曲線を多用し、凝った装飾が特徴。ユーゲントシュティル Jugendstilとは、ドイツ語圏(ドイツ、オーストリア)におけるアール・ヌーヴォー Art Nouveau の呼称である。

リーガの新市街は、ユーゲントシュティル Jugendstil 様式の建築が見られる。一方、リーガの旧市街は、中世ドイツの面影を残す。

ユーゲントシュティル Jugendstil 様式の建築物
撮影場所:リーガ、新市街

羊オヤジ

*

おちゃめな、羊オヤジ







inserted by FC2 system