《シリア・アラブ共和国》

空中住居
撮影場所:マアルーラ

岩山に点在する空中住居

木材と日干し煉瓦で作られた家
玄関は岩の隙間にある

マアルーラ Maalula は、アンチ・レバノン山脈の岩山群にある小さな町。住民の多くが、迫害を逃れて移り住んだギリシア正教徒(St. Thecla)、シリア・カトリック教徒(St. Sergius)であり、彼らは岩山に囲まれた渓谷に住む。

岩山には、修道士が修行する為に掘られた穴が点在する。

町で使われている言語は「アラム語」で、この言葉は約2000年前にイエス・キリストが使っていた言語である。

inserted by FC2 system