《 中華人民共和国 》

永成保陣
撮影場所:始興県大平鎮東湖坪郷

総石造り、いわゆる4階建てのマンション

*

入り口


窓は極端に少なく小さく、四隅に砲楼があり、矢倉もある。防御を特化した造りのため、ほとんどの楼は無人化(廃墟)している。しかし非常に丈夫に造っているので、荒廃している感じはない。

この種類の楼の内部には、厨房や食堂など、憩いの空間はない。廊下みたいな所にヒトが寝起きするだけだった。

▼行き方

始興県(ス−シン)から、4kmほど離れているためバイタクが便利。韶関(ザオグアン)の韶関火車站前横・曲江大橋の袂から、「始興県」行きの小型バスが頻発している。







2004年2月撮影



inserted by FC2 system