タイ王国
ラート・チャ・アーナーチャック・タイ / The Kingdom of Thailand

Roong Aroon

北西部;Chiang Mai 近郊

源泉

源泉

バンコクから北へ約700kmに位置するチェンマイ Chiang Mai の近郊、約38km東にある有名な温泉。隣接するサンカムペーンは国営施設、こちら(ルンアルン温泉)は私営施設とのこと。温泉は雑木林を切り開いて作った施設内にある。隣のサンカンペーン温泉より更に小ぎれいにした広い敷地。いかにも私営らしい施設(ホテル、サウナ、エステ)と、ジャグジー、マッサージ、日帰りの入浴施設などあり。

公道を歩いて行くと敷地を迂回するために遠いが、源泉のすぐ横にはサンカムペーン Sankamphaeng 温泉の源泉が吹き上げているのが見られる。源泉池の縁にかかる竹竿は、温泉卵を固定するもの。

なお、写真に向かって右横、小川を隔ててサンカンペーン温泉がある。

*

個室風呂1

日帰り客用の個室風呂
ROONG AROON HOT SPRING RESORT が経営)

個室風呂2

源泉から直接温泉が入るようになっているため、硫黄臭い。ただし、薄める水は真水。入浴のコツは、熱い源泉をチョロチョロっと入れて、なるべく水で薄めないようにすること。すると独特の《ぬるぬる感》が味わえる。

なお、宿泊者用の個室風呂は、ゴージャス♪で諸施設も充実。こちらでは、風呂場の水も「源泉を冷ましたもの」を使っているので、湯が薄まらない。

◆営業時間、料金
ROONG AROON HOT SPRING RESORT
日帰り湯8:00〜17:00、無休。入場料20B、個室入浴は1時間60B。

場所・行き方

チャンマイから貸しバイクで行きました。 ルンアルン温泉を運営するホテルに宿泊すると「送迎」あり。

チェンマイから国道1006号線を、サンカムペーン方面に走る。サンカムペーンを過ぎて、国道1014号線&“Hot Springs”の英文看板の表示がある4差路を左折。

国道1014号線をしばらく走ると、左手に、ガソリンスタンド&“Hot Springs”の英文看板があるので左折。しばらく走ると、サンカムペーン温泉とルンアルン温泉の分岐点に出るので、左折。道なりに行くとツンアルン温泉に着く。

公共機関系の利用の場合、サンカムペーン方面行きのソンテウ(乗り合いトラック)に乗り、サンカムペーンで降りる。ここからサンカムペーン温泉行きのソンテウを乗り換え、ルンアルン温泉との分岐点で下車。約2km強を歩く。ソンテウは頻繁に出ていないようなので、大変かも。

泉質など
硫黄泉。色は、非常に澄んだ藍色。湯量はふんだん。匂いは硫黄そのもの。表示によれば源泉の温度は約107度とのこと(サンカムペーン温泉の源泉は105度)。源泉は(写真)高く吹き出しているが「人為的に噴出」させている。すぐ隣にサンカムペーン温泉があり、泉質など大差ないとか。
全体のかんじ:★★☆

◆その他
ここでも、お決まりのゆで卵も作れる。生卵5個+竹籠で20B。卵を買うと、先端に“J”の針金が付いている2m程の竹棒が借りられるので、源泉にぶっ込んで作る。20分程度で完成。



---------------------------
2002年4月@入浴
---------------------------



2002年4月のレート:1 THB(Thai Baht)= 3.05 JPY


inserted by FC2 system