タイ王国
ラート・チャ・アーナーチャック・タイ / The Kingdom of Thailand

Sankampheng Hot Spring

北西部;Chiang Mai 近郊

温泉卵を作るための源泉を溜めた槽

内縁のJ状のフックに、卵入りの竹籠を引っかける。皆、茹で上がるのをジっとみている。写真の手前側(のみ)の底から温泉がプクプク出ている。

バンコクから北へ約700kmに位置するチェンマイ Chiang Mai の近郊、約36km東にある有名な温泉。

源泉は、雑木林を切り開いて作った、花が咲き乱れる小ぎれいな公園内にある。キャンプ場、日帰りの入浴施設、屋外プールもあり。公道を歩いて行くと敷地を迂回するので遠いが、サンカンペーン温泉の源泉のすぐ右横には、ルンアルン温泉の源泉が吹き上っているのが見られる。

サンカムペーンは国営施設、ルンアルン温泉は私営施設とのこと。

*

足湯も楽しめる

*

個室風呂

1〜2人用の個室風呂(男女別)

使用可能時間は1時間。硫黄のニオイがプンプンする湯が豊富に出てくる。湯船は広くて快適。水は真水に近いので、あまり水を加えないで湯をためると、独特の《ぬるぬる感》を味わえます。

この個室とは別に、グループ使用可能の、広い広い家族風呂ジャグジー付きもある、100-200B(人数によりけり)。

*

源泉

源泉

人工的に湯を吹き上げさせている。写真に向かって右横、小川を挟んでルンアルン温泉がある。

◆営業時間、料金
8:00〜17:00、たぶん無休。入場料10B、1〜2名用個室入浴(男女別)は1時間30B。

場所・行き方

チャンマイから、貸しバイクで行きました。チェンマイから国道1006号線を、サンカムペーン方面に走る。サンカムペーンを過ぎて、国道1014号線&“Hot Springs”の英文看板の表示がある4差路を左折。国道1014号線をしばらく走ると、左手に、ガソリンスタンド&“Hot Springs”の英文看板があるので左折。しばらく走ると、サンカムペーン温泉とルンアルン温泉の分岐点に出るので、右折。すぐ。

公共機関系の利用の場合、サンカムペーン方面行きのソンテウに乗り、サンカムペーンで降りる。ここからサンカムペーン温泉行きのソンテウを乗り換る。でもソンテウは頻繁に出ていないので大変かも

泉質など
硫黄泉。色は、非常に澄んだ藍色。湯量はふんだん。匂いは硫黄そのもの。表示によると源泉の温度は約105度(ルンアルン温泉の源泉は107度とのこと)。源泉は、派手に吹き出しているのだが「人為的に加工した噴水」の要素が強い。すぐ隣のルンアルン温泉と、泉質など大差ないそうです。
ロケーション:★★
雑木林と田園の中にある温泉
お湯のかんじ:★★☆
硫黄臭あり。薄い藍色で透明感の強く、粘り気あり
全体のかんじ:★★☆
趣向・工夫をこらしていて好印象。タイ人の庶民的な憩いの場

◆その他
ここでも、お決まりのゆで卵も作れる。生卵5個+竹籠で20B。源泉にぶっ込んで作る。20分程度で完成。卵から目を離すと盗まれます(盗まれました、私)。



---------------------------
2002年4月@入浴
---------------------------




2002年4月のレート:1 THB(Thai Baht)= 3.05 JPY


inserted by FC2 system