《Bosnia and Herzegovina》

セルビア語:トイレは、Toaleti/TOAЛETИ
クロアチア語:トイレは、Zahodi

ボスニア・ヘルツェゴビナのトイレは、しゃがみ込み式便器(主にムスリム地区)/洋式便器(主にキリスト教徒地区)の2種類があります。

撮影場所:モスタル、旧シナゴークの敷地内の便所
便器の形状:しゃがみ式
素材:
《便器》コンクリート製
構え方:
便器の穴の真上→尻が直結するようウンコ座り《扉に向いてしゃがむ》
尻の洗浄:
水洗式。持ち込んだ水を、○○にパシャパシャ、と(洗浄水と共用)
排泄物の処理:
水洗式。持ち込んだ水を使って流す(尻洗い水と共用)
隠蔽度:
個室。
男女の区別:
男女共用
料金:
無料

シナゴーク:ユダヤ教の教会のこと。ボスニア紛争が始まる前は、それなりにユダヤ人が住んでいた。ボスニア紛争の最中、ユダヤ・コミュニティの支援で国外に脱出し、現在も帰還していない。シナゴークは銃撃・砲撃を受けて崩壊。現在は更地となり、石碑が建つ

※2006年6月に再訪したところ、敷地は整備され、この便所も撤去されていた。




inserted by FC2 system