《Syrian Arab Republic》

アラビア語(シリア方言)でトイレは、「とわれーっとぅ」

オスマントルコ帝国〜第一次世界大戦〜第二次世界大戦、と列強国に翻弄されたシリア、その影響もあって便器が豊富。

撮影場所:ダマスカス、名門「オリエント・パレス・ホテル」1階
便器の形状:壁あて式
素材:
陶器製
床からの高さ:
約0cm
排泄物の処理:
水洗式。便器上の洗浄弁をひねる
隠蔽度:
《仕切壁》漠然とあり
料金:
無料

◆ホテルロビー横にある男子トイレの小便器。
洗面台の前に、独立した3つの便器が並ぶと屏風のように見える(その左奥には個室がある)。この小便器は、床より5cm程高くなっている。

◆場所は、ヒジャース駅前ロータリーに面している。第二次世界大戦終了時頃までは、高級ホテルだったらしい。旧共産圏にありがちの建物。シリアに多大な影響を与えた英国にも似た便器あり。





inserted by FC2 system